コピーライティング

国内でのコピーライティングの第一人者・宮川明さんが無料のライティングノウハウを発表しました。

“宮川明のミリオネアライティング・ホームスタディコース”

「コピーライティング」がネットビジネスでは最も重要な要素だというのはもはや常識だと思います。

ところが、アフィリエイターの中には未だにコピーライティングの重要性を認識していない人が多いように思えます。

コピーとかセールスレターと聞くと、アフィリエイトよりも情報販売をイメージしてしまうのでしょうか。

たしかに、アドセンスのようなクリック報酬型のアフィリエイトなら文章力というのはさほど重要ではないでしょう。

しかし、利益率の高いASPアフィリでしっかり稼ぐには文章力を鍛えなければなりません。

あなたのサイトへの訪問者に対して、

・なぜ、今アクションを起こさなければならないのか
・今アクションを起こすメリットは何なのか
・今アクションを起こさないデメリットは何なのか(これ特に重要)

これをしっかりと伝える必要があるからです。

これらの事を訪問者へ伝えることができれば、毎日2桁程度のアクセスで十分すぎるくらい稼げます。

逆に、これらの条件を満たしていないサイトでは、成約率は極めて悪くなってしまうので必至になってアクセスをかき集めなければならないでしょう。

アクセスを増やすために、トラックバックやPingの送信、サテライトサイトの作成や相互リンク、自動リンク集への登録など必至になってSEOをかける。

そうやって時間と労力を使って、”成約率の低い”サイトへアクセスを流し込む。

なんとも効率が悪いですね(苦笑)

それよりも、成約率をほんの数パーセント上げる方がよっぽど簡単ですし、結果もすぐに出ます。

コピーライティング力を身につければ、最小限の時間とエネルギーで最大限の結果を今すぐに得ることが出来るのです。

今までコピーライティングを甘く見ていたアフィリエイターのあなたも、無料で学べるこの機会にぜひチャレンジしてみてください。

“宮川明のミリオネアライティング・ホームスタディコース”
posted by 魅上 at 16:01 | Comment(2) | TrackBack(4) | 成功哲学

アドセンスで稼ぐ哲学

ここ数日間、個人的にアフィリエイトを指導している人たちにアドセンスで稼ぐための成功哲学をたたき込んでいたので、今回はそれを紹介したいと思います。

いま稼げていない人が、毎月のアドセンス収入を安定させるにはどうすれば良いか。それは、

「スピードこそ命。質より量を追求すべし」

ということ。これだけです。

まぁ、これはアドセンスに限ったことでは無いのですが、アドセンスでは特に重要です。

稼げていない人というのは、完全に本質を見誤っているんですよ。

特に最近多いのが、何日でインデックスされたとか、なかなかインデックスされないだとか言う話。

速くインデックスされればそれはそれで結構な事なのですが、はっきり言って関係ないんです。そんなことは。

あとは、何サイト作ったけど稼げませんだとか。だからどうしたと。

ここで何が問題かというと、そういう人たちは常にブレーキを踏みっぱなしだということ。出せるはずのスピードが殺されちゃってるんです。

大事なのは、アドセンスブログを次から次へと量産していくことに全神経を集中すること。作ったブログはどんどん忘れちゃって良いんです。そのブログが稼ぎ始めるまでは。

基本的に作業工程は以下のものだけで十分です。

1.その日作るブログのドメインを取る。
2.そのブログを検索エンジンに登録する。
3.各ブログ3〜5ページ作ってアドセンスを貼る。
4.ブログをアドセンスのURLチャネルに登録する。
5.終わり。

(インデックスを早めたい場合は日本語ドメイン+各種ブックマークサービスを利用すると良いと思います。)

これだけをひたすら毎日機械的に繰り返していきます。

作ったブログの検索順位やインデックスは見ません。アクセス数もアドセンスの表示回数を目安にすれば良いんです。

大事なのはとにかく量産スピードを上げること。作業スピードを上げると脳も活発に働くようになり、面白いほどアイデアも出るようになります。

もしブログを作っている最中でアイデアが出たら、それは今作っているブログではなく次に作るブログで活かすようにします。

そうしてブログを量産していく内に、ある程度稼ぎ出すブログが出てきたらそこで初めて手を止めます。

そして、稼いでいるブログのキーワードや検索順位を検証。ライバルも弱く、長期的に稼げるキーワードだと判断できたら今度はそのキーワードでブログを量産していきます。

ある程度できたら、また元の作業に戻ってひたすらブログを量産。

こんな感じです。アドセンスでの最初の稼ぎ方って。

質より量で勝負するのはカッコ悪く見えるかも知れませんが、「私は稼げません!」なんて言っちゃってるヤツの方がよっぽどカッコ悪いんで(笑)

しかも、こうやって量産したサイトは後々サテライトサイトとして価値を持ってきます。勝つべくして勝てるような実力が付いたときの土台作りにもなるんですね。

勘違いしている人が多いので言っておきますが、アフィリエイトで大事なのは速く稼ぐ事ではなく長期的に安定して稼ぐことです。

その場合は数がものをいいます。そういった意味でもブログを量産することにデメリットなんか無いんですよ。

稼げていない人ほど無駄なく効率的に稼ぎたがるものなんですが、最低限の労力で無駄なく稼ぎたいのなら、近所のコンビニで深夜のバイトをするのが一番です。

お客さんさえ来なければ、「パソコンができなくても月20万の不労所得!」ですから。いや、不労ではないか(爆)

アドセンス最強キーワード・ブースター
posted by 魅上 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学

失敗したらどうなるの?

「やってみたいけど、失敗したらどうしよう…」

アフィリエイトに限らず、こういった心配をしてなかなか行動に移れない人がいます。

私がこういう人たちにするアドバイスはただ一つ。

「どうにもなんないからさっさとやれよ。」

実際そうなんですよ。どうにもなんないんです。

私はこの手のマインドの低い人間が大嫌いなので、さらにちょっと意地悪な質問を返します。

「えっ?お前って失敗するとどうかなっちゃうわけ?」

そりゃ、失敗の代償として病気になったり頭が禿げたりするんだったら私だって真剣に悩みますよ(笑)

でもそんなことはないんで。

また、私が畑岡アフィリ塾に入った時にも、同じような質問を知人にされました。

「そんなに高いお金を払って、元が取れなかったらどうするの?」

もちろん私の答えは

「どうもしないよ。なんで?」

失敗したらどうする。元が取れなかったらどうする。

下らない悩みです。

そんな事を考えている行為自体、どうすれば時間を無駄に使えるかという見本のようなものです。

私たちは他に考えるべき事がたくさんあります。

どうすればもっと成約率が上がるのか…
どうすればもっと検索結果の上位に表示されるのか…
どうすればもっと稼げるのか…

これらを真剣に考え続ければ、いずれ望んだ収入が手に入ります。

失敗したらどうしよう…
元が取れなかったらどうしよう…

これらを真剣に考え続ければ、そのまま貧困層へ突入です。

さあ、あなたはどっち?!
posted by 魅上 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学

役立たずのメルマガ利用法

前回の記事「役立たずのメルマガ」で、今流行の(?)役に立たないメルマガについて書きました。

今回は、その役立たずのメルマガをいかに有効利用するか。

それは…続きを読む
posted by 魅上 at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学

役立たずのメルマガ

アフィリエイトをしている方で、アフィリノウハウ系のメルマガを購読していない方はいないのではないでしょうか。

特に、無料レポートを請求すると、同時に複数のメルマガに登録されるので、ほとんどの方はかなりの数のメルマガを読まれていると思います。

さて、そこで質問なのですが、それらのメルマガ役に立ってますか?

役に立つかどうかの判断は人それぞれですが、例えばそのメルマガ、購読する際の紹介文と実際の内容が一致していますか?

メルマガの紹介文で多いのは以下のようなものでしょう。

・月○○万円稼ぐアフィリエイト術を大公開!
・メルマガ読者を○○倍にする方法を無料でお教えします!

興味を引かれて購読してみたら、実際に送られてくるのは情報商材の宣伝ばかり…

特に多いのは、日記+商材の宣伝というタイプですね。

「今日は昼間からスーパー銭湯に行ってきました〜」という文言で始まり、ネットで不労所得があることの優位性をアピールする。

「不労所得を得るために一番大事なのは○○です。」○○は、SEOだったり文章力だったり。

〜○○の必要性について語り、読者を引きつける〜

「○○を身につけたい方は、こちらがおすすめ」で、結局は情報商材の宣伝。

いや、違いますね。このメルマガは、全てが宣伝です。

特に、複数のメルマガで同じ商材を宣伝されると、本当にうんざりします。

しかし、一見すると役に立ちそうにない(実際、ほとんど役に立ちませんが)この手のメルマガも、使い方一つで役立たせることが出来ます。

その使い方については、次回。
posted by 魅上 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学

泳げないやつは沈めばいい

私の愛読書に、「闘うプログラマー(*1)」という本があります。

内容は、マイクロソフトのWindowsNTというソフトウェア開発を描いた、ノンフィクションです。

その中に、”泳げないやつは沈めばいい”という言葉が出てきます。

どういう場面で使われるかというと、マイクロソフトでは新人プログラマに対し、十分な研修を行わないそうです。

全くプログラミングが出来ない者でも、容赦なくベテラン揃いの現場に放り込む。

そして、誰も手取り足取り教えてはくれない。

そんな新人プログラマのルールが、”泳げないやつは沈めばいい”です。

全く泳げない者を大海原に突き落とす。

落とされた人間に与えられた選択肢は2つ。

1.泳がずに沈んでいく
2.自力で泳ぐ

”泳げるか・泳げないか”ではなく、”泳ぐか・泳がないか”です。

マイクロソフトのプログラマの場合は、自力でプログラミングを学習し、仕事を覚えるしか生き残る道は無いということです。

これから、アフィリエイトを始めようとしている方も、同じ状況になるのではないでしょうか。

アフィリエイト・スクール(*2)に通い、手取り足取り教えてもらう場合は別としても、基本的にアフィリエイトを始める時は一人のはずです。

一人で出来るからこそ、アフィリエイトを始める方もいるでしょう。

でも、会社勤めと違い、誰も指示を出してはくれません。

自分で考え、行動し、結果を出していくしかないのです。

そして、問題にぶつかった時に与えられる選択肢のほとんどは、「出来るか・出来ないか」ではなく「やるか・やらないか」です。

例えば、まだブログを持っていない人であれば、「ブログを作る」と「ブログを作らない」という2つの選択肢しかありません。

ブログを作りたいけど、作り方が分からないという人は、「作り方を調べない」だけです。


私は、この”泳げないやつは沈めばいい”という言葉を、常に意識し、肝に銘じています。

そういえば、もう一つ私の好きな言葉がありました。

”落ちたいやつは落ちればいい”


*1 今回紹介した闘うプログラマーの詳細はこちら
*2 アフィリエイトで毎月10万円稼ぐサイトを作るスクール
posted by 魅上 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。