RSSを使った自動更新が人気のようですが

初心者アフィリエイターが最短距離で稼ぐための指南書です。
詳しくは→飛び級アフィリエイト
最近、日本語ドメインと並んで人気なのがRSSを使った自動更新サイト。

外部のRSSを自動的に読み込んで、常に最新の情報でサイトを更新するというものです。

検索エンジンは更新頻度の高いサイトを好むことから、SEO対策の一環として行っている人が多いですね。

実際、ヤフーの検索結果は日本語ドメイン+ガバチョ!(サイト自動作成+自動更新ソフト)で作られたものばかり。

まぁ、それはそれで良いのですが、一つ気になることがあります。

それは、平気で他人の著作権を侵害しているということ。

RSSでサイトを自動更新するやり方は、他のサイトやブログから記事の一部を引用する行為です。

当然、引用元を表記しなければいけないのですが、それをやっていないサイトが多いですね。

(ドメインを取る際にも著作権や商標権に注意が必要)

というか、そういう違法なサイトの方が検索結果の上位に表示されています。

検索エンジンは、それを外部からの引用とは認識できないからです。

つまり、完全にその違法サイトのオリジナルコンテンツとして認識してしまうんですね。

検索エンジンというのは日本語を理解できないので(笑)、とりあえず言葉が並んでれば文章として認識します。(単語の羅列はNG)

ただ、こういった違法なサイトを上位表示させるのは諸刃の剣です。

記事を引用された側の人間がヤフーに通報すれば、おそらく検索結果から削除されるか、何らかの対応が取られるはず。

ちなみに、こういった不正なサイトが上位表示されるのはヤフーだけで、グーグルには通用しないようです。

グーグルにはスパムサイトを通報する仕組みもありますし、そのあたりはさすがだと思います。

実は、今日あるサイト群をスパムサイトだとしてヤフーに報告してみました。

某ビッグキーワードで上位を独占しているサイト群です。

2〜3日以内に結果は出ると思うのですが、さてどうなることやら。
posted by 魅上 at 21:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
風俗の広告で自動更新をしたいのですが
Posted by メインキャスト at 2013年04月06日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。