日本語ドメインの意外な波及効果

初心者アフィリエイターが最短距離で稼ぐための指南書です。
詳しくは→飛び級アフィリエイト
日本語ドメインが大ブームになっているおかげで、うれしい誤算というか意外な波及効果を感じています。

それは、SEO対策のレベルが全体的に下がったということです。下がったというより、2極化が進んでいるというべきでしょうか。

日本語ドメインのSEO効果があまりにも強力なので、みんなそこばかりに目がいってしまっているんですね。

もちろん、これまでもSEO対策の分野を戦い抜いてきた人たちは、日本語ドメインを利用しつつ強力なサイト群を構築しています。

逆に、今までSEO対策がうまくいかず悩んでいた人たちは、完全に日本語ドメインに頼り切って弱いサイト群を構築しています。

その結果、SEO対策の分野で2極化が進んでいるのです。

さらに、両極にいる両者ともが「自分たちのフィールド」で闘っています。

SEOの猛者達は、「金融・保険」等の超激戦区で。
SEOの初心者達は、いわゆるニッチな分野で。

SEO初心者達が集うニッチな分野でも、稼げるキーワードはたくさんあります。

しかし、幸いにもSEOの猛者達はあまりそういった分野に下りて来ません。いるのはSEO初心者ばかり。

しかも、SEO初心者達のレベルが以前にも増して下がっている現在の状態。私のように月数十万〜百万程度を狙う中堅アフィリエイターにとってはウハウハの状態です。

たった2〜3ページのサイトでも、「きちんとしたSEO対策」を施しておけば、3日もあれば検索結果の1ページ目に来ます。

1週間もあれば「1位」です。相手が勝手に落ちていくから。

さらに、今なら超高額キーワードで上位を取ることも可能です。


アドセンス最強キーワードブースターを使うことで、それが可能になります。

騙された感の多いキーワード系商材ですが、唯一これだけは初心者の方にもオススメします。今アドセンスで思うように稼げていないのなら迷わず購入してください。

次回さらに詳しくレビューしたいと思います。


アドセンス最強キーワードブースターの詳細はこちら
posted by 魅上 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。